無添加のメリット・デメリット

無添加のスキンケア化粧品は、肌に負担をかけたり刺激を与えたりする、添加物や化学的に合成した薬品を使用していません。その分肌には優しく、年齢肌にも安心して使えます。化学的に合成した成分の中には、肌のコンディションを整える効果が期待できるものもありますが、化粧品に頼りすぎると、肌が持つ本来の再生力や治癒力が低下してしまいます。

無添加のスキンケア化粧品を使うことで、肌への負担を軽減できるだけでなく、肌を甘やかさないので、本来の再生力や治癒力を高めるよう導くことができるのは、大きなメリットです。

無添加化粧品と書いてあっても、原料には無添加の成分を使用しているが、加工の段階で添加物や化学的に合成した薬品を使用する化粧品もあります。この場合、原料は無添加でも途中で添加物を使用するので、完全な無添加スキンケア化粧品ではありません。無添加を選ぶなら、100%無添加のスキンケア化粧品であるかどうかを確認しましょう。ちなみに、スキンクリーム通販の”Defendre donner”では、添加物、防腐剤、アルコールを使用していません。過敏な肌質で無添加のスキンケア化粧品をお探しの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

無添加のスキンケア化粧品は、慣れるまで物足りなさを感じることがあります。これは肌が慣れるのを待つしかありません。防腐剤等を使用していないので、保管状態が悪い中身がと劣化する恐れがあります。無添加化粧品はできるだけ早めに使い切る必要があります。