手作りコスメはどうなの?

無添加のスキンケア化粧品を探そうと思っても、なかなか自分に合う物が見つからないと困ってしまいます。こういう時選択肢の一つとして、無添加のスキンケア化粧品を手作りするという方法があります。

ネットで探すと、手作りコスメの材料を販売しているショップがあります。手作りコスメの材料は無添加やオーガニックが多く、成分なども厳選しているから安心感はあります。いろいろな成分を組み合わせて、自分の肌にあったオリジナルコスメを作れるのも魅力です。また肌悩みに合わせて、不足している物を補ったり、必要な美容成分をサポートしたりする成分なども選べます。

ただし手作りコスメも、添加物を使用していないので、大量に作っても使い切れないと無駄にしてしまいます。少量ずつ作り、短期間で使い切らないといけません。無添加やオーガニックなど厳選した材料だけを扱っているので、手作りコスメは人気がありますが、こだわるほど手作りコスメを作るためのコストが高くなります。

肌のためには多少の出費も仕方ありませんが、使用する成分によってはかなりコストがかかり続けるのが難しくなることもあるので、こだわりすぎないことも大切です。いきなり全部を手作りコスメにするのではなく、化粧水や美容液などから始めるのがおすすめです。

無添加のメリット・デメリット

無添加のスキンケア化粧品は、肌に負担をかけたり刺激を与えたりする、添加物や化学的に合成した薬品を使用していません。その分肌には優しく、年齢肌にも安心して使えます。化学的に合成した成分の中には、肌のコンディションを整える効果が期待できるものもありますが、化粧品に頼りすぎると、肌が持つ本来の再生力や治癒力が低下してしまいます。

無添加のスキンケア化粧品を使うことで、肌への負担を軽減できるだけでなく、肌を甘やかさないので、本来の再生力や治癒力を高めるよう導くことができるのは、大きなメリットです。

無添加化粧品と書いてあっても、原料には無添加の成分を使用しているが、加工の段階で添加物や化学的に合成した薬品を使用する化粧品もあります。この場合、原料は無添加でも途中で添加物を使用するので、完全な無添加スキンケア化粧品ではありません。無添加を選ぶなら、100%無添加のスキンケア化粧品であるかどうかを確認しましょう。ちなみに、スキンクリーム通販の”Defendre donner”では、添加物、防腐剤、アルコールを使用していません。過敏な肌質で無添加のスキンケア化粧品をお探しの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

無添加のスキンケア化粧品は、慣れるまで物足りなさを感じることがあります。これは肌が慣れるのを待つしかありません。防腐剤等を使用していないので、保管状態が悪い中身がと劣化する恐れがあります。無添加化粧品はできるだけ早めに使い切る必要があります。

無添加のクリーム

年齢とともに肌の水分量が低下していくので、水分と潤いが必要になってきます。年齢サインが出始めても今までと同じスキンケア化粧品を使い続けていると、次第に物足りなさを感じるようになり、常に乾燥した状態となってしまいます。年齢肌のスキンケア化粧品には、足りないものを補うケアが必要です。

今使っている基礎ケア化粧品が肌に合っているなら、無理に変えなくてもOKです。スキンケア化粧品は年齢とともに見直しが必要ですから、年齢に合わせた見直しは大切です。ただし今までとおなじ基礎ケア化粧品に添加物が多く使用されている場合は、5年先、10年先を考えてスキンケア化粧品を見直した方がいいかもしれません。

既に無添加の基礎ケアをしているなら、そこに無添加クリームをプラスしてみましょう。基礎ケアでしっかりと水分補給をしも、乳液や美容液で潤いを与えても、それを閉じ込めないとすぐに乾燥してしまいます。基礎ケアで水分と潤いを与えたら、最後にクリームで蓋をします。そうすれば水分や潤いが逃げにくいので、肌に必要な物をきちんと補うことができます。クリームは少し油分が多く、濃厚なほど肌にベールをまとったようになり、水分や潤いが蒸発するのを防ぐ効果が期待できます。

年齢肌のスキンケア化粧品

人は誰でも歳をとります。歳を取るといってもまだ若いうちはあまり気になりませんが、特に女性の場合は。30歳を過ぎた頃から肌に年齢サインが出始めるので、その時に初めて老化を実感するのです。年齢サインが出始める時期は個人差もありますが、30歳を過ぎると徐々に肌の水分量が低下していくので、年齢肌用のスキンケアが必要になってきます。

若い時はある程度肌自身の再生力や回復力があるので、スキンケアに手を抜いていてもさほど気になりません。代謝も活発だから、日焼けしてソバカスができても、秋頃にはターンオーバーでソバカスも消えていきます。しかし、30歳を過ぎた頃から基礎代謝も低下し始めますので、ターンオーバーもサイクルが乱れがちになり、ソバカスは消えないままとなってしまう傾向があります。

年齢肌を実感してからでも、それまでのケアを見直し改善すればまだ間に合いますが、今まで添加物が入った化粧品を使用していた人は、添加物のダメージも年齢肌の原因となっていることを覚えておきましょう。化学的に合成された薬品などを使った化粧品は、知らず知らずのうちに肌にダメージを与え、それが蓄積されていきます。もちろん中には使い心地をよくするために必要な成分もありますが、できれば肌に負担をかける成分は排除していくのが理想です。

年齢サインが出始めたら、肌のことを考えて無添加スキンケア化粧品を使うのがおすすめです。無添加のスキンケア化粧品の選び方や使い方を紹介します。