年齢肌のスキンケア化粧品

人は誰でも歳をとります。歳を取るといってもまだ若いうちはあまり気になりませんが、特に女性の場合は。30歳を過ぎた頃から肌に年齢サインが出始めるので、その時に初めて老化を実感するのです。年齢サインが出始める時期は個人差もありますが、30歳を過ぎると徐々に肌の水分量が低下していくので、年齢肌用のスキンケアが必要になってきます。

若い時はある程度肌自身の再生力や回復力があるので、スキンケアに手を抜いていてもさほど気になりません。代謝も活発だから、日焼けしてソバカスができても、秋頃にはターンオーバーでソバカスも消えていきます。しかし、30歳を過ぎた頃から基礎代謝も低下し始めますので、ターンオーバーもサイクルが乱れがちになり、ソバカスは消えないままとなってしまう傾向があります。

年齢肌を実感してからでも、それまでのケアを見直し改善すればまだ間に合いますが、今まで添加物が入った化粧品を使用していた人は、添加物のダメージも年齢肌の原因となっていることを覚えておきましょう。化学的に合成された薬品などを使った化粧品は、知らず知らずのうちに肌にダメージを与え、それが蓄積されていきます。もちろん中には使い心地をよくするために必要な成分もありますが、できれば肌に負担をかける成分は排除していくのが理想です。

年齢サインが出始めたら、肌のことを考えて無添加スキンケア化粧品を使うのがおすすめです。無添加のスキンケア化粧品の選び方や使い方を紹介します。